2020年10月12日

【コラム】MAAZA遠隔気功について

「遠隔で治療のようなことが出来るのか?」

 

私も昔はそんな不思議なことが本当にあるのだろうか??と疑問に思う一人でした。

 

そして、そんな不思議なことがあったら素晴らしいな!

という期待する気持ちもありました。

 

お陰様で私が受け持たせていただく鍼灸治療には、不思議な才能を持つ患者さまが多くおみえになられます。

実に多くのご縁がご縁を繋いでくださるのでとてもありがたいことです。

そんな中、遠隔の治療が実在するのだと実際に私に体験させてくれた出来事がありました。

 

数年前になりますが私自身 カゼをこじらせて咳がなかなか止まらず、ついに「喘息」と、診断されるような事態に陥ってしまいました。

鍼灸師として自己管理が出来ない状況をお話するのはとても恥ずかしいことではありますが書いてみることにしました(笑)

 

あの時は本当にどうにもなりませんでした。

長らく薬を服用し(数カ月間)、最終的には吸入するお薬も使う事態になってしまいました。

“カチカチってやってスー――って吸う”やつです。

あれって最終手段だと思っていましたので、とうとうそれを処方された時には非常に残念な気持ちになりました(汗)

 

そんな時、「インスピレーションアート」というのを書く謙ちゃんという若者が現れました。

謙ちゃんの特殊能力の全てを現すそのインスピレーションアートとは、一目その人を見た瞬間に感じたイメージを、可愛らしい絵と粋なメッセージを色紙にササっと書いてくださるものであります。

これがまた何とも言えない柔らかくて温かみのある世界でして。。

 

そんな不思議な謙ちゃんが、私の咳き込んで止まらない状況を見てポツリと「ちなつさん。それ、ひどい咳ですね。今日帰ったら遠隔をやってあげます。8時頃にゆったりしながら待っていてくださいね。」と言うのでした。

 

「ほほーーー」「なんだろなんだろ??」

 

何が何だか分からないけれども辛いのでお願いします!

そんな気持ちで過ごしながら約束の時間になると謙ちゃんからの電話が鳴りました。

そして「これから遠隔を始めるので15分~20分ほど座るなどしてゆったりしておいてくださいね!」と言い電話を切っていきました。

 

はじめてのことで良く分からないけれども、言われた通りに座っておりました・・・

 

ら・・・

 

「ハッ」として飛び起きました!

 

あーーーっ!!しまったーー!眠ってしまった!

 

気が付いたら私はすっかり眠ってしまっていたのでした。

時間がどのくらいたったのかも分からず焦っていると電話が鳴りました。

 

「終わりましたよーちなつさん!これで大丈夫だと思います。」と謙ちゃんでした。

 

ええーーーっ??!!

 

終わったぁ???

何が起こったか分からないけれども知らない間に眠ってしまったようだし(驚)

「とにかく電話には気が付いてよかったーーー 失礼なことしちゃったなぁ(焦)」みたいな気持ちで一杯な状態でした。

 

そしてなんと!!

 

気がつけば 咳はピタリと止まってしまっていたのです!!!

 

本当にお見事でございました。

 

こんなことってあるんだなあ・・・時間にして15分~20分位の事だったと思います。

 

事実、スーっていう吸入のお薬まで使っても治らなかったのに

「ピタリと収まってしまった」のですから本当に不思議です。

 

それ以来 喘息症状は一度もおこさず現在に至っております。

 

いやはや。。

人知を超えた世界は確かに存在する。

そう感じた瞬間でした。

 

そうそう、その遠隔の時になぜだか同じ部屋にいた家族まで眠っていたのにはちょっとといいますか、かなりの驚きでした(笑)

 

今でもたまに思い出しては謙ちゃんに感謝の気持ちで一杯になります。

 

人生は不思議なことばかり・・

知らないことばかり・・

 

そして不思議なご縁は続きまして、医師である爲近先生の「癒しの気」に救われるのです。

そのお話はまたの機会に・・・

 

「気」で出来ている人間だもの。

興味が尽きませぬ~

 

突き詰めれば全てのものは「気」なのであります。

 

ではまた!

過去の記事

上部へ戻る